logo.png__PID:91b49275-bf65-4c37-9bed-7b9911ed102c

世界最高峰オーケストラからトップ奏者が集結
ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット

最上の金管五重奏団によるスペシャルコンサート!

世界が誇るウィーン&ベルリンフィルから5名のトップ奏者が集う「ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット」。
幾度と絶賛の嵐を巻き起こしてきた来日公演が、今年も開催決定!

「ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット」は、現代最強のトランペット奏者といわれるガボール・タルケヴィを中心に、卓越した技巧を持つ名だたる金管奏者たちによって構成。
ベルリンフィルの3名が華麗な高音と低音を、ウィーンフィルの2名が柔らかな中音を奏でる。

絶妙なバランスによって完成される最上のサウンドは、聴くほどに味わいを増し、ファンのみならず全ての人を魅了している。

伝統様式を踏まえた品格ある表現と、磨き上げられたたしかな技量、そして見事なまでに柔軟な楽器コントロール力。
世界で活躍するトップ奏者が織りなす至高の音楽が今年も日本にやってくる。

20201001-_DSF0350_E.jpg__PID:649006be-9c91-4492-b5bf-656c37dbed7b

ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット
メンバープロフィール

Gabor_Tarkoevi.jpg__PID:db25d228-820b-47ca-833b-d7c1d8c5d58d

ガボール・タルケヴィ(Gábor Tarkövi
トランペット/ベルリン・フィル元首席奏者

代々の音楽一家に生まれ、幼少期より父イシュトヴァーン・タルケヴィにトランペットの手ほどきを受ける。
ジュール音楽学校、フランツ・リスト音楽学校を経て、フランツ・リスト音楽院を卒業。
ジェルジ・ガイガー、ハンス・ガンシュなどに師事し、大きな影響を受けた。
ベルリン交響楽団ソロ奏者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者、バイエルン
放送交響楽団ソロ奏者として活躍したのち、2005年よりベルリン・フィル首席奏者となった。
2018年からはベルリン芸術大学教授として教鞭を執る。
さらに、アンサンブルやソリストとして米欧で活躍し、世界各国のオーケストラにソリストとしてたびたび登場している。

Matthias-Kernstock_8491_trim.jpg__PID:8dd00dbc-4e19-4eda-93a8-50447f20972c

マティアス・ケーンシュトック(Matthias Kernstock
トランペット/ウィーン交響楽団首席奏者

MUK(私立音楽芸術大学)で音楽を学び、ヨハン・プランク、ローマン・リンドベルガーに師事。
ガボール・タルケヴィ、ハカン・ハーデンベルガー、ハンス・ガンシュなどのマスターコースを修めた。
2016年にはベルリン・フィルハーモニカー・オーケストラ・アカデミーのポジションを獲得し、現在はウィーン交響楽団のトランペット首席奏者として活躍中。
また、故郷ヴィルヘルムスブルクのブラスバンドでも演奏を行っている。

Thomas_Joebstl.jpg__PID:28820ba7-ca03-4bd7-81d8-c5d58dd00dbc

トーマス・イェプストル(Tomas Jöpstl
ホルン/ウィーン・フィル

ウィーンの音楽大学で学んだのち、1992年ウィーン楽友協会にソリストとして出演、1997年にウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団の首席奏者となった。
1999年にはBunkamuraオーチャードホール賞を受賞。
2001年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団第2ホルン奏者として活動するほか、ソリストや室内楽奏者としても活躍し、ウィーン・ホルン・アンサンブルやウィーンナ・ホルンズの創立にも携わった。
2004年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に在籍している。

Mark_Gaal.jpg__PID:25d22882-0ba7-4a03-bbd7-c1d8c5d58dd0

マーク・ガール(Mark Gaal
トロンボーン/ウィーン・フィル

1992年よりグラーツの音楽・舞台芸術大学のオーバーシュッツェン研究機関でトロンボーンの研磨を重ね、2000年に卒業。
2002年ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団に入団し、2007年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でロータリーバルブ・トランペットの演奏を開始。
2012年以来ウィーン・フィルのバストロンボーン奏者として活躍している。
また、札幌で開催されるパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)などでマスタークラスの講師も務める。
さらに、アンサンブルやジャズバンドへの参加、アレンジなど多岐にわたって活動の場を広げている。

Alexander_V_Puttkamer.jpg__PID:93db25d2-2882-4ba7-8a03-3bd7c1d8c5d5

アレクサンダー・フォン・プットカマー(Alexander von Puttkamer
テューバ/ベルリン・フィル

当初はトランペットを希望していたが、地元の音楽学校にトランペットの空きがなく、友人のテューバ奏者からテューバを与えられたことをきっかけにテューバの魅力に引き込まれた。
以来、テューバ奏者として早くからドイツ連邦青少年管弦楽団やユンゲドイツフィルハーモニーなどで活躍してきた。
ハンブルク音楽演劇大学にてワルター・ヒルガースに師事したのち、1996年にハンブルク北ドイツ放送交響楽団に入団。
バイエルン国立管弦楽団、バイエルン放送交響楽団を経て、現在はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして活躍。
また、1999年からはバイロイト祝祭管弦楽団メンバーとしても活動している。

logo-silver.png__PID:6974566c-d3e9-409e-bfb7-d33863e9d72e

コンサートプログラム

  • J.パッヘルベル:カノン
  • P.チャイコフスキー:くるみ割り人形 組曲
  • G.ヴェルディ:歌劇「オテロ」より アヴェ・マリア
  • F.クライスラー:愛の悲しみ/愛の喜び
  • M.アーノルド:金管五重奏曲 第1番 作品73
  • J.ホロヴィッツ:ミュージック・ホール組曲
  • クリスマスメドレー

ほか

※公演プログラムは変更する場合がございます。

Music Links