越境するデザイン ブライス・デスナー

クラシックと一言でまとめた時、現代音楽はどんな立ち位置になるでしょうか?

21世紀の音楽はクラシックではない! という方もたくさんいらっしゃると思います。ですが、脈々と続く西洋音楽の中で、ロックやテクノを織り込んだ、”新しいクラシック”が生まれています。

今回ご紹介するのはブライス・デスナー、アメリカが産んだ最先端の作曲家です。

彼が行なっている「インディーロックとクラシックの越境」とは一体なんなのでしょうか?

ブライス・デスナーは
ニューヨーク音楽シーンの庭師だ!

ブライス・デスナー
ブライス・デスナー

1976年4月23日生まれ、アメリカ・オハイオ州シンシナティ出身のギタリスト・作曲家。インディー・ロックバンド“The National”のリードギーターであり、同バンドの作曲や演出を行いながら、同じように旺盛にクラシック作曲家です。

インディー・ロックとは、"反・産業"をテーゼとする70年代イギリスが発端の潮流であり、当時のポピュラーミュージックやコマーシャル世の高いロックミュージックと対立して生まれました。"自分たちの"音楽を、より新しい音楽表現をと彼らは求めてゆきました。

デスナーの作風はミニマルミュージックの先駆者スティーヴ・ライヒの系譜に属し、ニューヨークの現代音楽シーンでも異彩を放っています。ポップスとクラシックの垣根を越える彼は、さまざまに枝分かれする西洋音楽を美しく剪定する"庭師"のように見えます。


ブライス・デスナー:トロンボーン5重奏曲の編曲。今回のツアーもこの編成で行う。

今回のコンサートでは、2020年にファンライエンのために作曲されたトロンボーン協奏曲の第一楽章が、アルマカルテットとトロンボーンのために編曲されて演奏されます。

画面越しにデジタルで聴くか、ライヴの中で聴くか。その違いは来た者にしか分からない。

Back to blog
  • 7月17日愛知公演 東海市芸術劇場 多目的ホール

    一般:5,000円
    U-18:1,000円(電子チケットのみ数量限定)

    チケット購入 
  • 7月19日京都公演 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

    一般:5,000円
    U-18:1,000円(電子チケットのみ数量限定)

    チケット購入